千四百年続く日本の伝統技術を今に受け継ぐ

一刀一刀に想いを込め、伝統を受け継ぐ。

昭和十年より建具の製作をはじめ、屏風や障子、書院側飾りなどの「屏障具」を小さな木片の組み合わせ「組子」で表現しています。

飛鳥時代より続く伝統木工技術に時代とともに新しい意匠を織り交ぜ、風情溢れるモダンな空間を演出します。

木製建具の製作

kumiko-92

建物をひきたて、快適に仕切る。
自然材料の「木」を使い、丁寧に「建具」を作ります。

続きを読む

組子のインテリア

kumiki-27

洗練されたデザインと確かな技術。
伝統工芸「組子」をもっと身近に演出します。

続きを読む

吉田建具製作所

kumiki-5

新潟白根で三代続きます。
「もっともっとよい建具」を目指しています。

続きを読む

組子の意匠が、暮らしの空間をやさしく彩る。

PAGE TOP
MENU